施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストアの取り扱い品[医薬品]



医薬品とは、内服や外用、注射によって疾病の診断や治療、予防をするためのものです。医師の処方せんによって出されるものを「医療用医薬品」というのに対し、薬局やドラッグストアで取り扱っている医薬品は「OTC医薬品(一般用医薬品)」と言います。

医薬品の定義

医薬品の定義

医薬品の流通には、厚生労働大臣による製造販売承認が必要です。また、薬事法第1章総則第2条1項では、医薬品について以下のように定めています。

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下、機械器具という)でないもの(医薬部外品除く)
  3. 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって機械器具、歯科材料、機械器具などでないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

OTC医薬品とは

OTC医薬品とは

OTCとは「Over The Counter(カウンター越し)」の略。日常で起こる体の不具合や疾病に対して、その症状の緩和のための利用を目的として、誰もが薬局やドラッグストアで購入することができる医薬品を指します。種類は、かぜ薬、胃腸薬、整腸薬、殺菌消毒薬、点眼薬、下痢止め、水虫薬、点鼻薬、解熱鎮痛薬、発毛薬、睡眠改善薬、皮膚用薬、痔疾用薬、下痢止め、 ビタミン剤、ドリンク剤などがあります。

OTC医薬品の分類

OTC医薬品の分類

2009年(平成21年)の薬事法改正により、薬の成分による副作用、飲み合わせ、使用方法の安全性などによって3段階の取り扱いを定め、パッケージなどへの表示を義務づけています。

第1種医薬品

第1種医薬品

薬の成分による副作用、飲み合わせ、使用方法の安全性などにおいて大きな注意が必要なもの。薬剤師により提供され、対面にて文章での情報提供が義務づけられています。(例:H2ブロッカー含有胃腸薬、一部の発毛剤など)

スイッチOTC医薬品

長年医療用として使用され、効果や安全性が認められた成分を転用したもの。

ダイレクトOTC医薬品

国内での医療用としての使用実績の無い成分をそのまま医薬品として販売したもの。

第2種医薬品

第2種医薬品

薬の成分による副作用、飲み合わせ、使用方法の安全性などにおいて注意が必要なもので、中でも特に注意が必要なものを「指定2類医薬品」としています。薬剤師または登録販売者により提供され、情報提供の努力義務があります。(例:主な風邪薬、解熱鎮痛薬など)

第3種医薬品

第3種医薬品

薬の成分による副作用、飲み合わせ、使用方法の安全性などにおいて多少の注意が必要なもので、薬剤師または登録販売者により提供されますが、情報提供に関しての決まりがないため、薬局やドラッグストアだけではなく通信販売でも購入することができます。(例・主な整腸薬、消化薬など)

医薬部外品との違い

医薬部外品との違い

医薬部外品は、効果や効能が認められた成分が配合されてはいるものの、治療よりも予防に重点を置いた商品を指します。(例:薬用化粧品、入浴剤、殺虫剤、うがい薬など)