施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで買えるかぜ薬



身体がだるい、咳や鼻水、くしゃみが出てきた…それは風邪のサインです。風邪のほとんどはウイルス感染が原因で、数日経てば自然に治ることがほとんどですが、辛い時は薬局やドラッグストアで売られている市販(OTC)のかぜ薬が症状の緩和に役立ちます。

風邪とは

風邪とは

風邪は「かぜ症候群」と呼ばれる感染症で、咳、鼻水、くしゃみが主な症状です。ウイルスによって呼吸器系に急性的な炎症が起こり、発熱、咽頭痛、食欲不振などの全身症状を伴うこともあります。ウイルスの種類は200にも及び、症状の軽度なものから、激しいものまで多岐にわたります。

市販されているかぜ薬について

市販されているかぜ薬について

現代において風邪の特効薬というものは存在しないため、抗炎症剤や鎮痛剤、胃腸薬などが配合されたものを総合かぜ薬(総合感冒薬)と名付けています。また、各市販薬の成分には大きな差はありませんが、武田製薬のベンザブロックのようにパッケージの色などによって「熱」「のど」などと効能が分かれているものもあります。このように、特定の効果を期待する場合は、風邪の主な症状による有効成分がより多く含まれているかぜ薬を選びましょう。

喉が痛いとき、咳が止まらないとき

コデイン、デキストロメトルファン、ベンゾナテートなど

たんが出るとき

塩化リゾチーム、カルボシステイン、塩酸プロムへキシンなど

鼻水やくしゃみが出るとき

フマル酸クレマスチン、クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミン、プロムフェニラミンなど

熱があるとき

アスピリン、アセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)など

かぜ薬の副作用、注意点など

かぜ薬の副作用、注意点など

かぜ薬は、説明書をよく読み、体質に合わせて正しく使用すれば効果が期待できますが、やはり気になるのが副作用です。これは、持病やアレルギーの有無などで個人差がありますので、購入の際は必ず薬剤師や専門スタッフに相談しましょう。万が一、強い副作用が出た場合はすぐに服用をやめて医師に相談してください。以下にかぜ薬を服用する上で注意することなどをまとめました。

過去に薬の副作用を経験したことがあるか

いつ、どの薬で、どんな副作用があったのかを覚えておくか、メモなどに残しておくことが必要です。

アレルギーの有無

特に卵アレルギーがある場合、たんを解消する塩化リゾチームが症状を悪化させる恐れがあります。

持病の有無

高血圧や心疾患、内臓疾患を抱えている方は、必ず主治医や薬剤師に相談するとともに、説明書をよく読んで正しく服用してください。

他に服用中の薬はあるか

薬の中には、他の薬との飲み合わせに注意するものがありますので、必ず薬剤師に相談してください。

どんな風邪症状を抱えているのか

自分では普通の風邪だと思っていても、実はインフルエンザウイルスなど市販薬が効かず、乳幼児が感染すると命の危険もある恐ろしいウイルスの場合もあります。季節的なウイルス警報に注意して、風邪の症状が長引く場合は医師に相談しましょう。