ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトドラッグストア[薬局・薬店]リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで買えるせき止め



咳には、異物を吸い込んだときに出る「突発性」と、風邪や肺炎で起こる「急性」と、気管支炎や結核などの「慢性」のタイプがあります。また、咳は大変なエネルギーを消費するため、子どもや高齢者の体力の消耗や疲労骨折を防ぐためにも市販薬は有効で、ドラッグストアなどで販売しているせき止め薬やシロップでせき症状が緩和できます。しかし、中には注意すべき咳の場合もありますので見極めが重要です。

せきの原因、種類

せきの原因、種類

慢性的な咳の種類は大きく2種類あり、痰を伴うものを「湿性咳嗽(しっせいがいそう)」といい、痰を伴わないものを「乾性咳嗽(かんせいがいそう)」もしくは「空咳(からぜき)」といいます。

湿性咳嗽

湿性咳嗽

「ゴホンゴホン」と痰がからむ咳で、考えられる主な病気は、肺炎、慢性気管支炎、肺気腫、肺結核、気管支拡張症、心臓弁膜症、気管支喘息、インフルエンザ、風邪などがあります。こちらは分泌物を体外に出そうとする反応咳の場合が多いため、薬で抑えると余計に長引く場合もありますので、医師や薬剤師の判断を仰ぎましょう。

乾性咳嗽

乾性咳嗽

「コンコン」と痰がからまない乾いた咳で、考えられる主な病気は、扁桃炎、気管支炎、急性咽頭炎、咳喘息、百日咳、アトピー、マイコプラズマ、心因性など病的な場合も多いため、咳が長引く場合は医療機関の受診が必要です。

咳が出る時の対処法

咳が出る時の対処法

風邪などで熱が下がっても咳だけが残る場合や、夜眠れない場合、または子どもの咳がひどい時など、家庭でできる対策をご紹介します。

部屋の湿度・温度を上げる

部屋の湿度・温度を上げる

部屋が乾燥していると粘膜を刺激して咳を誘発してしまうため、加湿器があれば使用し、ない場合は部屋に洗濯物を干したりマスクをするのも有効です。また、部屋の温度が低いと気管支を収縮させてしまうため、冬などはしっかりと室温管理をして18~20℃くらいに保ちましょう。

水分を補給する

水分を補給する

喉が乾燥していると粘り気の強い痰が出るようになり、ますます咳が止まらなくなってしまいます。また、痰が多く出るとたんぱく質が失われてしまうので、常温のスポーツドリンクなどでしっかりと水分を補給しましょう。乾いた咳が出る場合は、血圧や肺への悪影響を考えてなるべく咳を出さないようにするのがいいとされています。

喉を保護する

喉を保護する

昔から、はちみつレモンやはちみつ金柑などのお湯割りが喉にいいとされています。スーパーやドラッグストアなどでも粉末タイプのものが売っているので買っておくといいでしょう。また、大声を出したり、タバコを吸うなど喉を刺激する行動は禁物です。

せき止め成分の入った市販薬を使用する

せき止め成分の入った市販薬を使用する

つらいときは無理をせずにせき止め薬に頼るのもひとつの手です。市販のせき止め薬には咳中枢に働きかけるものや気管支の収縮を抑える成分が配合されたものなどがあり、服用方法も、飲み薬やスプレー、シロップなど様々な種類があるので、薬剤師に症状を相談して選んでもらうのが一番です。