施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで買える胃腸薬



ドラッグストアなどで扱っている胃腸薬には、制酸薬、H2ブロッカー、胃健薬、消化薬などの種類があり、これらを組み合わせたものを総合胃腸薬といいます。

胃腸薬はこんな時に使います

胃腸薬はこんな時に使います

どんなときに胃腸薬が役に立つのかをまとめました。症状に合わせて適切な商品を選びましょう。

胃がキリキリ痛む

胃酸過多などで胃痛がある時は「H2ブロッカー」「制酸薬」「鎮痛鎮痙薬」で胃酸の分泌を抑え、胃を正常に戻します。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、膨満感

消化不良には、「消化薬」「胃健薬」が胃の消化液を分泌して消化を助ける効果があります。

胃の調子が悪い

原因が分からない場合には、各成分がバランスよく配合された「総合胃腸薬」を選ぶと良いでしょう。

胃腸薬に含まれる成分

胃腸薬に含まれる成分

ここでは市販の胃腸薬に含まれる主な成分をご紹介します。

胃運動機能改善(整胃)剤

胃粘液の分泌を促進し、胃粘膜を守ります。

  • 粘膜分泌促進成分(テプレノン)
  • 生薬(コウボク、ソウジュツ)

粘膜修復剤

胃の血流を増加させて、胃粘膜を保護します。

  • 粘膜補修成分(L-グルタミン、銅クロロフィリンカリウム、カンゾウなど)

制酸剤

出過ぎた胃酸を中和し抑えることで、むかつきや痛みの症状を改善します。

  • 制酸成分1(ケイ酸アルミン酸マグネシウム、炭酸マグネシウムなど)
  • 制酸成分2(ロートエキス)
  • 胃酸分泌抑制成分(ピレンゼン塩酸塩水和物)

健胃剤

味覚神経や胃神経を刺激して唾液を出し、胃の消化液の分泌を促します。

  • 生薬(ウイキョウ、ケイヒ、チンピなど)
  • 酵母(乾燥酵母)
  • 胃腸機能調整成分

消化剤

各成分の消化を助け、分泌を促進します。

  • でんぷん消化酵素、蛋白消化酵素、脂肪消化酵素、せんい消化酵素
  • 胆汁成分、消泡成分

鎮痛鎮痙剤

胃酸の分泌を抑えて痛みを止め、胃粘膜に作用して吐き気の症状を抑えます。

  • 鎮痛鎮痙成分1(ロートエキス)
  • 鎮痛鎮痙成分2(オキセサゼイン)

酸分泌抑制(H2ブロッカー)剤

化学伝達物質の結合を抑えて胃酸の分泌を抑えます。

  • H2ブロッカー(ラニチジン塩酸塩、シメチジン、ファモチジン)

胃腸薬の副作用、注意点など

胃腸薬の副作用、注意点など

胃腸薬は、説明書をよく読み、体質に合わせて正しく使用すれば効果が期待できますが、持病や服用中の薬などがある方は、購入の際は必ず薬剤師や専門スタッフに相談しましょう。万が一、強い副作用が出た場合はすぐに服用をやめて医師に相談してください。以下に胃腸薬を服用する上で注意することなどをまとめました。

制酸剤との飲み合わせ

制酸剤との飲み合わせ

制酸剤が配合された薬を飲むときや前後2時間は、胃酸を中和する効果を弱めてしまう炭酸飲料の摂取を避けます。また牛乳も吐き気や頭痛、食欲不振を招く恐れがあります。

H2ブロッカーの副作用

H2ブロッカーの副作用

第一三共のガスター10などのH2ブロッカー薬は胃酸の分泌を抑える強力な作用を持っている反面、副作用に対する注意も必要です。持病のある方や、投薬治療を受けている方、貧血の方、15歳未満や80歳以上の高齢者、妊婦や授乳期の方などは服用を避けるか医師や薬剤師に相談しましょう。