ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

ドラッグストアで買える痛み止め(湿布)



湿布は、広い意味では液体を塗布した布のことを指しますが、ここではドラッグストアや薬店で売られている医療用の湿布についてご紹介します。普段、私たちが打ち身やねんざなどで痛みを感じたときや、肩こりや腰痛のときなどに身体に貼って使用する湿布にはどのような効果があるのでしょうか。

湿布の作用

湿布の作用

湿布には経皮吸収率の高い有効成分が塗布されています。内服薬と違って患部に直接貼ることができるため、より効果的に鎮痛効果が得られます。皮膚から浸透した成分は体内の血中などに流れ全身に行き渡りますが、患部の有効濃度が最も高いことはいうまでもありません。また、湿布は治療を目的としておらず、痛みの軽減や緩和のために一時的に使用するものです。

温湿布と冷湿布の違い

温湿布と冷湿布の違い

ドラッグストアなどで売られている湿布には温湿布と冷湿布の2種類があり、使い分けをすることで効果が上がるとも考えられています。しかし、基本的にはどちらにも同等の消炎鎮痛成分が入っているため、つらい症状を緩和させることを第一に、気持ちが良いと感じる方を選べば間違いがありません。使い分け方法としては、皮膚表面の温度を少し上げる効果のある温湿布は皮膚の筋肉の緊張を和らげるため、慢性の肩こりや腰痛に向いています。逆に、患部に冷感作用をもたらす冷湿布は痛感覚を和らげる効果があるため、ぎっくり腰や打撲などの急性の痛みに向いています。

湿布に含まれる成分

湿布に含まれる成分

ここでは、強力な消炎鎮痛剤を配合した「第二世代」と呼ばれる主な有効成分を挙げていきます。また、これらの成分以外にも温湿布にはカプサイシン(トウガラシエキス)、冷湿布にはカンフルやメントールなどが含まれています。

フェルビナク

医療用での実績のある鎮痛消炎成分で、患部に深く浸透し、酵素に直接働きかけることで神経刺激物質の発生を阻害し痛みと炎症を抑える効果を発揮します。

ジクロフェナック(ボルタレン)

ジクロフェナック(ボルタレン)

医療用医薬品のボルタレンに含まれている有効成分で、現在のOTC湿布の中では一番効果が高いといわれています。アスピリンぜんそくを起こしたことのある方や、肝臓や心臓疾患ある方は使用することができません。

ケトプロフェン

関節痛や筋肉痛にも有効な腫れや痛みを和らげる成分で、OTCでは主にテープ製剤(モーラステープ)で使われています。

インドメタシン

体内で痛みや炎症の元となる物質の生成を抑止する鎮痛消炎成分です。

湿布の副作用、注意点など

湿布の副作用、注意点など

湿布は説明書をよく読み、体質に合わせて正しく使用するようにしましょう。喘息を抱えている人は発作の危険性があるので、薬剤師の指示のもとで使用します。温湿布はカプサイシン成分によるかゆみや発疹が出ることもあるので、入浴後の使用は避けて下さい。また、刺激が強い場合は小さく切って貼り、湿布は貼りかえることで効果がアップすることも証明されています。妊婦や授乳期の方も医師に相談するなどして使用して下さい。