ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトドラッグストア[薬局・薬店]リサーチ

薬局情報

妊婦の薬の注意点



医薬品の中には、妊娠中に使用すると胎児に影響を与える恐れが報告されている成分があります。そのため、妊婦は薬の使用を慎重にするとともに、不必要な服用を避けるのが無難です。ドラッグストアなどで売られている市販(OTC)薬を購入する際には、決して自己判断はせず、医師や薬剤師に相談したうえで用法、用量を守って使用します。ここでは、妊娠中の女性に関する薬の使用や注意点などをご紹介します。

妊娠中に病気や怪我をしたら

妊娠中に病気や怪我をしたら

まず、妊娠中は規則正しい生活を心がけ、不用意に人込みの中に出かけないなど、風邪菌やウイルスに極力注意して過ごします。妊娠中で特に注意が必要なのは妊娠4~12週目ですが、体調が悪くなってしまった場合は、週数に関わらずかかりつけの産婦人科に相談するのが先決です。妊娠週数や胎児の成長状況などに合わせて、必要であれば適切な処置や処方せんを出してもらいましょう。また、新しく医療機関を受診する場合は、妊娠していることを必ず告げ、医師の診断に従って下さい。

妊娠中の薬の使用について

妊娠中の薬の使用について

妊娠が発覚したとき、持病や治療中の病気がある場合は、飲んでいる薬とともに必ず医師に申し出るようにします。市販の薬を飲んだせいで子どもに奇形が生じたり流産をする可能性はごく低いと考えられていますので、妊娠に気付かずに薬を服用してしまった場合でも、正しい用法と用量を守っていたのであれば大きな心配はいりません。しかし、薬の長期服用や、妊娠末期の血管収縮成分の使用は禁物で、時にリスクが上昇する成分もありますので医師・薬剤師の判断が必須です。

妊娠中のOTC医薬品の使用について

妊娠中のOTC医薬品の使用について

基本的に、ドラッグストアなどで売られている医薬品は、処方せんによるものに比べて有効成分の含有量が少ないため、胎児へのリスクは低いと考えられています。しかし、自己判断で購入するのは危険ですので、少しでもリスクを減らすために薬剤師に選んでもらうのが最善です。また、自宅にあるOTC薬を使用する際は、電話や定期検診時に医師に確認を取ってから使用します。以下はドラッグストアで取り扱っているOTC薬に対する注意点などです。

かぜ薬・解熱鎮痛薬・せき止めについて

かぜ薬・解熱鎮痛薬・せき止めについて

解熱鎮痛剤として知られているアセトアミノフェンは、妊娠中でも安心して使用することができる成分です。しかし、一部の解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬などは、大量に服用すると胎児へのリスクが上昇するものもありますので、注意が必要です。

外用消炎鎮痛剤について

外用消炎鎮痛剤について

湿布などの外用消炎鎮痛には、胎児に危険を及ぼす可能性のある血管収縮成分が入っているため医薬品分類に着目して選びます。第1種は妊婦には使用できず、第2種は製品により異なります。妊婦でも使用することができる第3種医薬品に該当する主な商品は、久光製薬の「サロンパスA」、小林製薬の「アンメルツヨコヨコ」、第一三共ヘルスケア「腰痛パテックス」などです。産後や授乳中になると、すべての外用消炎鎮痛剤を使用することができます。