ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトドラッグストア[薬局・薬店]リサーチ

薬局情報

薬の正しい飲み方と扱い方



私たちが健康に毎日を過ごす上で、薬は無くてはならないサポート役を果たしてくれます。しかし、薬の正しい使用方法を知らなければ、きちんとした効果を得られなかったり、恐ろしいトラブルを招いてしまう可能性もあります。

薬の正しい飲み方

薬の正しい飲み方

本来の薬の効果を最大限に出すためにも、正しい飲み方を知る必要があります。ここでは、薬を服用する際に主に注意すべきことをご紹介します。

用法を守る

用法を守る

薬には、効果の出やすいタイミング(用法)があります。外箱や説明書などに記載されていますのでしっかり目を通しましょう。

  • 食前…食事の30分前
  • 食直前…食事の10分前
  • 食後…食事のあと30分以内
  • 食間…食事と食事の間、だいたい食事の前後2時間
  • とんぷく…症状が出たときにいつでも

飲みやすい方法を工夫する

飲みやすい方法を工夫する

顆粒がうまく飲めない場合には、服用を補助するオブラートやカプセル、ゼリーなどが市販されています。錠剤は、スプーンの背にのせて力を加えると簡単に割ることができます。また、子どもに薬を与える場合は、ゼリーやアイス、ジュースなどに溶かす方法があります。

コップ1杯の白湯(水)がベスト

コップ1杯の白湯(水)がベスト

お茶やジュースで飲んでも効果には変わりがないとされていますが、基本的には水で飲むようにしましょう。水の量が十分でなかった場合、食道で炎症を起こす恐れがありますので、水なしで飲めるタイプのものは除いて、コップ1杯の水で溶かすつもりで飲んで下さい。

食べ物との相互作用に注意

食べ物との相互作用に注意

薬と食品との食べ合わせは、効果の速度を遅らせたり効果そのものを減らしてしまう恐れがあるので注意が必要です。また、煙草とアルコールは多くの成分との相性が悪いため、薬の服用中は控えるようにしましょう。ここでは、悪い食べ合わせの代表的な例を紹介します。

アスピリン・アセトアミノフェンとでんぷん、糖質

解熱鎮痛剤に含まれている成分で、特にあんこやキャベツとの食べ合わせに注意します。

ワーファリンとクロレラ、納豆

血栓予防成分で、ビタミンKが多く含まれている食品と一緒に摂ると効果が弱まってしまいます。

カルシウム拮抗剤とフラボノイド

高血圧や心臓病の薬です。グレープフルーツジュースなどと一緒に服用すると作用が強くなり低血圧を起こす可能性があります。

塩酸フェニルプロパノールアミンとチラミン

総合かぜ薬や鼻炎薬に含まれている成分です。チーズやワインとの併用で頭痛や腹痛症状が出る場合があります。

正しい薬の扱い方

正しい薬の扱い方

薬は、それらの効果を最大限に引き出す形状に加工され、最適な包装がされています。調剤薬やOTC薬は説明書や使用上の注意をしっかりと読み、適切に取り扱いましょう。

  1. 子どもの手の届くところに置かない
  2. 清潔な手で扱い、ビンに入っているものは必要量だけ取り出す
  3. 保管方法を守り、高温や多湿に注意する
  4. 使用期限は開封後から数え、期限の過ぎたものは廃棄する
  5. 分からないことは医師・薬剤師に確認する