ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

薬の副作用を知る



薬を飲むときに心配なのが副作用です。しかし、医薬品は厳正な審査を通過して販売されていますので、たとえ市販(OTC)薬であっても用法、用量を守って正しく服用すれば、副作用を心配する必要はありません。持病やアレルギーのある方は、副作用のリスクも高まりますので、服用の前には必ず医師に相談しましょう。

副作用とは

副作用とは

頭痛薬や鼻炎薬を服用した際に眠気を感じることがありますが、これも副作用の一種です。副作用とは、治療にとって役に立たない効果や身体に有害な作用のことを指し、気付かないほど小さなものから命に関わるものまで多岐にわたります。薬は私たちの健康をサポートしてくれる素晴らしいものですが、身体の中に入って作用するため多かれ少なかれ副作用が生じると考えた方が良いでしょう。まずは服用する薬の使用上の注意をよく読み、眠気が生じる可能性がある場合は車の運転を避けるなど、二次被害を防ぐことが大切です。

副作用が起こる頻度

副作用が起こる頻度

では、実際にどれくらいの割合で副作用が起きるかというと、それは成分の種類や個人の体質によって大きく異なるため、正確なデータは存在していません。副作用の心配が少ないビタミン剤もあれば、高頻度で副作用が起こる抗がん剤もあります。また、副作用のリスクが高い薬は、大きな治療効果をもたらすことが多いため、副作用があるから悪い薬だとは一概にはいえないのです。さらに、高齢者や持病のある方では副作用が大きく出る場合もあるため、日ごろからお薬手帳やメモなどで常備薬や過去の副作用についても管理しておくと、いざというときに役に立つでしょう。最近では、スマートフォンや電子マネー搭載カードで、薬の情報を管理できる新しいシステムやサービスも始まっています。

副作用が起きた場合

副作用が起きた場合

特に高齢者は副作用によって救急搬送されるケースがよくあります。これには、普段から飲んでいる薬が多いことによる飲み合わせの問題や、臓器の老化現象で副作用が強く出てしまうという原因が考えられます。また、高齢者に限らず薬の服用後は安静に過ごし、万が一、今までに感じたことのない感覚や症状を感じたらすぐに医療機関に連絡しましょう。たとえ重い副作用でも早期発見によって重篤化を防ぐことができます。その他に気になることがあれば、各都道府県の薬剤師会などで薬の相談窓口を設けているところや、消費生活センターなどでも副作用について相談することができます。

副作用のリスクを軽減する方法

副作用のリスクを軽減する方法

交通事故を防ぐためにシートベルトをするように、薬も自分ができることを実践するだけで副作用の発生を限りなく減らすことが可能です。副作用のリスクばかりに囚われず、薬の素晴らしい恩恵に目を向けて、上手な付き合い方を学びましょう。

  1. 用法、用量を守り、使用上の注意欄をよく読む
  2. 持病や飲んでいる薬があれば必ず医師や薬剤師に伝える
  3. 異変を感じたらすぐに医療機関や調剤薬局(購入店)に連絡する