ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

薬の保管と処分方法



医薬品は適切な保管方法を守ることを前提に有効期限(使用期限)が定められています。長い間安心して薬を使うためにも、ドラッグストアなどで薬を購入した際は、外箱や説明書をよく読み保管方法に従いましょう。また、処方薬は残らないように使い切り、万が一残った場合はすみやかに破棄します。常備薬でも有効期限が切れていたら処分するなどして、常に新しい状態を保ちましょう。

医薬品の保管場所・方法

医薬品の保管場所・方法

医薬品は、高温、多湿、直射日光を避けて室内で保管することが大前提です。専用の薬箱や棚に整頓し、季節の変化を受けにくい常に15~25℃の場所で、なおかつ子どもから手が届かない高所を選ぶことが重要です。また、持ち歩き薬や常備薬がある場合、夏場や天気のいい日の車内に放置することは絶対にやめましょう。高温によって薬の成分が変質して、思わぬ副作用や事故を招く恐れがあります。別の容器に移し替える場合は、薬を袋から出してしまわないように注意し、むやみに封を切らないことも大切です。

冷蔵庫に保存しておく医薬品

冷蔵庫に保存しておく医薬品

実は、薬の中には冷暗所での保管を指示しているものが多くありますので、必ず外箱や添付の使用方法を読み、保管方法に従います。以下に、冷蔵保存が推奨される主な薬をまとめました。

坐薬(座薬)

坐薬(座薬)

坐薬は、体温で溶けて有効成分を行き渡らせる構造になっていますので、特に夏場には溶けてしまわないように冷暗所を利用します。冷暗所保管の指示が無いものもありますが、基本的には冷蔵庫で保管しておくのが安心です。

水薬(液剤)の一部

カビや細菌の増殖を極力抑えるために冷暗所で保管するものが多いです。しかし中には冷蔵庫で固まってしまうもの(鉄剤など)もありますので注意が必要です。

点眼薬の一部

配合成分によって冷暗所での保管が指示されているものがあります。

薬の廃棄・処分方法

薬の廃棄・処分方法

有効期限、使用期限が切れてしまった処方薬は、誤飲などによる重大事故を防ぐためにも医療機関や薬局、調剤薬局が併設されているドラッグストアに持ち込むのが一番で、インシュリン注射薬関連は医療機関に専用のごみ箱が設置されているところもあります。市販薬の場合は、以下を参考に処分してください。

錠剤・カプセル剤

容器から取り出して、紙や袋に包んで可燃ごみとして捨てます。

軟膏・クリーム

紙や袋、ティッシュペーパーなどに中身を絞り出し、可燃ごみとして捨てます。容器は材質によって自治体の処分方法に従います。

点眼薬・水薬(液剤)

点眼薬・水薬(液剤)

下水に流すと環境汚染につながる恐れがありますので、紙やティッシュペーパーなど吸収性のよいものに染み込ませて、紙袋や可燃性のビニールに入れて可燃ごみとして捨てます。

貼り薬

湿布やテープなどは可燃ごみで捨て、粘着面についているビニールは自治体の処分方法に従います。

スプレータイプの医薬品

中身を出すときは火器に注意して、外や風通しの良いところで行います。容器は自治体の処分方法に従います。