ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

薬局の薬剤師に相談する



最近のドラッグストア事情では、店長やスタッフとして薬剤師が常駐している店舗が多くみられます。また、医師による処方せん薬を提供するための調剤薬局を併設するところも年々増えており、薬剤師の役割は専門知識や調剤だけでなく、地域拠点を担う能力や人間性も求められる時代になっているのです。

薬事法改正と競争激化

薬事法改正と競争激化

2006年(平成18年)の薬事法改正で、第1種医薬品を除く一般医薬品(OTC薬)の販売が薬剤師以外の登録販売者にも解禁されました。これによってドラッグストアやコンビニエンスストアでOTC薬の販売を巡る競争が激化したのです。しかし、高齢化社会への対応や地域の医療拠点を目指す中で、専門知識を持ち第1種医薬品を取り扱うことができる薬剤師の存在が大きく見直されつつあります。ドラッグストアにとって、薬剤師の専門性はコンビニエンスストアとの差別化を図る上で無くてはならないものです。また、近年ではドラッグストア同士の競争激化や医療分業の流れによって、店内に調剤薬局を設置する店舗も増加しています。

ドラッグストアにおける薬剤師の役割

ドラッグストアにおける薬剤師の役割

ドラッグストアに勤務している薬剤師は、医療用医薬品だけではなくOTC薬の知識も豊富に持ち合わせる必要があります。また、店舗スタッフとして品質管理や接客、医薬品以外の日用品などに対する知識も求められます。さらに店長職に就いていれば、通常業務に加えてスタッフ採用や売上管理、仕入れ発注までも行なっている場合があります。ドラッグストアに常駐する薬剤師は、専門の調剤薬局に比べて幅広い知識と仕事内容を任されるため、高スキルを持った薬剤師の採用が、多くのドラッグストアにとって課題のひとつになっています。

気軽に薬剤師に相談しよう

気軽に薬剤師に相談しよう

ドラッグストアでOTC医薬品を購入するとき、特に持病のある場合やアレルギー体質の人、幼児や高齢者のための薬を探す場合には、自己判断は避けて薬剤師に相談しましょう。OTC薬には作用の穏やかな商品が多いですが、中には副作用に注意を要するものや、普段飲んでいる薬との飲み合わせに注意すべきものも多数あります。また、保管方法なども適切なアドバイスが受けられます。迷ったら、どんな小さいことでも薬剤師に相談して選んでもらうのが良いでしょう。

ドラッグストアならではのメリット

ドラッグストアならではのメリット

医薬品のように専門的な商品を購入する際は、知識を持つスタッフの助言が必要です。そして、ドラッグストアのように週に何度も訪れる機会が多い場合は、薬剤師との信頼関係も築きやすく、商品購入後のサポートやトラブルにもすぐに対応できるというメリットがあります。また近年では、調剤薬局の設置だけではなく訪問介護といった地域に根ざしたサービスを導入している店舗が登場するなど、ただ買い物に訪れる場所から、地域の医療拠点の場へと存在価値を移しています。このように、ドラッグストアの医薬品部門は今度ますます便利に拡大していくと考えられるでしょう。