ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

ドラッグストアの販売員に相談する



ドラッグストアで取り扱っている商品は、衣料品、生活必需品、日用雑貨、ベビー用品、介護用品、ペット用品、食料品、アルコール類などと実に幅広いです。ドラッグストアに行けば生活に必要なものがそろう「ワンストップショッピング」の便利さから、老若男女に支持されています。しかし、その品ぞろえの多さや売り場面積の広さから、「どこに何があるのか分からない」、「商品の使い方が分からない」、「欲しい商品が見当たらない」などと戸惑う声も聞かれます。そんなときは、店舗販売員(スタッフ、薬剤師など)に気軽に相談しましょう。

医薬品を購入する場合

医薬品を購入する場合

近年では、薬剤師が販売員のひとりとして常駐しているドラッグストアが多くあります。医薬品の成分や副作用、飲み合わせなどについては薬剤師でしか回答できないので、医薬品購入の場合には、スタッフの中でも薬剤師に声をかけるようにしましょう。ドラッグストアの薬剤師は白衣を着ていたり、名札やバッチなどでも分かるようになっており、医薬品以外の商品の知識も兼ね備えていることが多くあります。また、店舗によっては薬剤師が店長を務めている場合がありますので、様々な商品の使い方や説明、入荷状況までも相談することができます。

カウンセリング化粧品を購入する場合

カウンセリング化粧品を購入する場合

ドラッグストアで取り扱う化粧品の中には、主要メーカーの一部の商品が「カウンセリング化粧品」として販売されていることがあります。これは、買い物客が自由に手に取って見たり試したりできる化粧品群とは違って、別コーナーに配置してあったりガラス戸などに入っている場合もあります。カウンセリング化粧品は、基本的には専門スタッフのアドバイスを基に購入することが前提で作られているため、専用カウンターやカウンセリングスタッフが常駐しています。カウンセリング化粧品は、ドラッグストアといえども百貨店のような高級感があり、メイクのプロによる指導で自分に合った商品を購入できると女性に人気です。

その他の商品を購入する場合

その他の商品を購入する場合

ドラッグストアで買い物をするときは、店内を巡回しながらいろいろな商品を見るのも楽しみのひとつです。しかし、急いで買い物をしたいときなどに商品が見つからない場合には、販売スタッフに気軽に声をかけましょう。スタッフは店内の商品について大体を把握していますので、商品名が分からないときでも、こんなものが欲しいと要望や特徴を伝えれば売り場まで案内してもらえるでしょう。売れ筋商品は在庫が無くなっている場合もありますので、次回の入荷予定や取り寄せ可能かを確認しておくと便利です。また、いつもある場所に商品が無い時は、季節の主要商品や一押し商品として、店舗の入り口近くや通路側の棚に移動していることもあります。このように、ドラッグストアの販売スタッフは、物を売るだけではなく快適なショッピングを楽しむための良きサポート役になってくれるのです。