施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで用意できる
「痙攣・ふるえ」対応



痙攣やふるえを起こす原因は様々です。何らかの病気によって起こっている場合は、適切な診断と治療が必要ですが、そうでないものは家庭での対処で症状を軽減することができます。

ここでは、主な痙攣・震え症状や、日常でできる対策をご紹介します。

痙攣の症状と原因

痙攣の症状と原因

痙攣は、自分の意志とは関係なく筋肉が急激に収縮する発作で、全身性のものと身体の一部に起こるものがあります。痙攣の種類は、「手足がガタガタする」「ピーンと硬直する」「ダラーンと無力になる」「プルプルふるえる」などの症状があります。大人の場合はてんかん発作や筋肉疲労、小児の場合は熱性痙攣がほとんどですが、一時的なものから意識障害を引き起こすものまであるので注意が必要です。

ドラッグストアで購入できる痙攣対策グッズ

ドラッグストアで購入できる痙攣対策グッズ

病的でない痙攣の場合には、ドラッグストアなどで売っている自宅でケア商品が役に立ちます。筋肉の痙攣には漢方の「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」や、こむらがえりに効果のある市販薬もありますので使用を考える際には薬剤師に相談してみましょう。症状を繰り返す場合は、ミネラルを補給できるサプリメントや、筋肉疲労を和らげる塗り薬を常備しておくと便利です。

また、熱性痙攣後では手足や口の中に怪我をしている場合もありますので、適切な止血と薬や包帯で応急処置をします。日射病による熱痙攣の場合は、できるだけ日陰などの涼しい場所へ移動し、速やかに塩分補給ができるスポーツドリンクや飴などを口にいれましょう。

ふるえの症状の種類

ふるえの症状の種類

ふるえは、日常でよく起こり得る症状のひとつです。普段の生活の中でどんなときに起こるのか、また体のどの部分にふるえが現れるかなどに注意して必要な場合は、医療機関を受診しましょう。

生理的震戦(しんせん)

生理的震戦(しんせん)

寒いとき、緊張したとき、恐怖を感じたとき、物を持ったときなどに手が細かくふるえることを指しますが、誰にでも起こるごく一般的なふるえ症状なので心配はありません。

本態勢震戦

特に中高年に多い症状で、手や頭、声などが早くふるえます。

その他

パーキンソン病、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、アルコール依存症などで震え症状がでる場合があります。いずれも医師のもとで適切な治療が必要です。

ドラッグストアで購入できるふるえ対策グッズ

ドラッグストアで購入できるふるえ対策グッズ

寒さからくるふるえには、直接身体を温めるカイロが効果的で、ミニサイズや靴に入れられるもの、スプレータイプもあるので使用するシーンによって選びましょう。また、生姜の入ったスープやドリンク、冷え症に効くサプリメントや漢方もそろいます。緊張からのふるえや本態勢震戦の場合は、ふるえを気にし過ぎると余計に症状が悪化してしまうため、心を落ち着かせるハーブティーやサプリメントでリラックスできる身体づくりをしておきます。

また、規則正しい睡眠のために必要であれば睡眠改善薬について薬剤師に相談しましょう。