施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで揃う目的別健康管理商品
「購入のポイント」



日本は、超高齢化社会に突入し、自分の健康を自分で管理するセルフメディケーションに注目が集まっています。ドラッグストアは、私たちの健康管理にどのような役割を果たすのでしょうか。また、ドラッグストアとの上手な関わり方をご紹介します。

セルフメディケーションとドラッグストア

セルフメディケーションとドラッグストア

高齢化社会によって国が負担する医療費は、毎年増加の一途をたどっています。そこで、日本の国民皆保険制度を維持するために必要な対策は「病気にならない」ことなのです。そのために日ごろから健康を心がけて行動することを「セルフメディケーション」と呼んでいます。

ドラッグストアは、もともと医薬品や健康に関する商品を多数取り扱っているため、そのノウハウや品ぞろえで健康管理に大きな役目を果たすことが期待されています。

セルフメディケーションのためにできること

セルフメディケーションのためにできること

第一に、医療費高騰の主な原因となっている生活習慣病や慢性疾患の抑制が大切です。そのために健康意識を高め、食事、運動、睡眠において十分に配慮をした生活を送ることや、調子が悪くなったときに早い段階で市販薬を使用することなどは、誰にでもできるセルフメディケーションの考え方です。

ドラッグストアが地域の医療拠点に

ドラッグストアが地域の医療拠点に

ドラッグストアは日本全国に点在し、住宅地やショッピングエリアなどの生活圏に店舗が集まっています。そのため、高齢化社会への対策のひとつである「地域の医療拠点の増加」をドラッグストアが担うことも考えられています。これからは、以前にも増して商品力、専門性、接客性が大切なポイントになってくるでしょう。

ドラッグストアで健康管理

ドラッグストアで健康管理

どんな健康管理も継続しなくては意味がありません。自分や家族のライフスタイルや年齢、嗜好などに合わせて続けられるセルフメディケーション方法を見つけて下さい。

常備薬を用意しておく

常備薬を用意しておく

日常で起こり得る症状に対して、医療機関を受診するまでの応急処置にも有効な家庭用常備薬(総合かぜ薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬、整腸薬、外用薬、応急セット、マスクなど)を用意しておきましょう。店舗に薬剤師が常駐している場合は、症状や副作用について相談したうえで薬を購入するのが確実です。

健康食品、サプリメント、漢方

健康食品、サプリメント、漢方

貧血、冷え症、肥満などの体質改善や、飲酒、ストレス、野菜不足などの生活習慣に合わせた配合の商品が多数あります。また、ビタミンやアミノ酸などの必須栄養素を補えるタイプの商品も人気を集めています。

調剤薬局を利用する

調剤薬局を利用する

近年、調剤薬局併設のドラッグストアが増えています。ポイントサービスや買い物中の調剤などのメリットの他、日ごろ立ち寄る機会の多いドラッグストアで薬のカルテをまとめておくと便利です。

健康チェックを利用する

健康チェックを利用する

ドラッグストアによっては、独自の採血イベントや会員向けの簡易健康診断を実施している店舗があります。また、家庭での毎日の健康チェックには体温計や血圧計、検尿キットなども役に立ちます。