ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトドラッグストア[薬局・薬店]リサーチ

薬局情報

ドラッグストアで揃う目的別健康管理商品
「眠気・不眠をコントロール」



睡眠は人間に備わった三大欲求のひとつです。何らかの原因によって睡眠が阻害されると、私たちの身体には様々な不具合が起こってしまいます。ここでは、そんな睡眠に関する症状や、眠気・不眠を解消する方法、ドラッグストアで購入できる便利な商品をご紹介します。

眠気の原因、対策

眠気の原因、対策

日中に眠気を引き起こす原因には、単に睡眠時間が短いことや、症状によっては病的な要因も考えられます。以下は、日中に眠気を引き起こす主な原因です。

  • 無呼吸症候群による睡眠不足
  • ストレス・緊張
  • 不規則な生活
  • うつ病
  • ナルコレプシー(居眠り病)

ドラッグストアで購入できる眠気対策商品

ドラッグストアで購入できる眠気対策商品

眠気対策商品には、気軽に試せるお菓子タイプのものから、医薬品まで幅広くそろいます。いずれも一時的に使用し、症状が長引く場合は医療機関を受診しましょう。

飴、タブレット

「カフェイン」配合の飴や、いつでも口に入れられる強力なミントタブレットはひとつ持っておくと仕事中などの気分転換に便利です。

サプリメント

サプリメント

慢性的な眠気には脳の血流を促進させる「DHA」、「イチョウ葉エキス」、「ホスファチジルセリン」の他、疲労回復に効果的な「ビタミンB群」などのサプリメントを生活のスタイルに合わせて、日常的に取り入れましょう。

ドリンク剤

ドリンク剤

車の運転などが必要な時には、肉体疲労にも効く栄養ドリンクの他、眠気覚ましに特化した「メガシャキ(ハウス)」、「眠眠打破ドリンク(常盤薬品工業)」などが効果的です。

内服薬

内服薬

「カフェイン」を配合した「エスタロンモカ(エスエス製薬)」や、水なしで飲める「カフェクール(アラクス)」などが効果的です。深夜の残業や長距離のドライブが予想される際に、予め服用しておくと突発的な眠気に襲われる心配が軽減されるでしょう。

不眠の原因、対策

不眠の原因、対策

不眠には、なかなか寝付けない「入眠障害」、頻繁に目が覚めてしまう「途中覚醒」、朝早くに目が覚めてしまう「早朝覚醒」、睡眠時間は取れているのに昼間眠くなる「熟眠障害」があります。主な原因には以下のものがありますので、当てはまるものがあれば原因を解消することで快適な眠りを得ることができます。また、一時的な症状ではなく、長期に渡り改善しない場合は病気などの可能性もありますので医療機関を受診して下さい。

ドラッグストアで購入できる不眠対策商品

ドラッグストアで購入できる不眠対策商品

基本的には生活習慣の見直しにより、眠れない体質を改善するのが一番ですが、悩みや一時的な原因などで眠れない時にはドラッグストアの商品を活用するのも良いでしょう。また不眠の解消だけではなく、安定した快眠を意識することも大切です。

香りで癒す入浴剤、マッサージグッズ

香りで癒す入浴剤、マッサージグッズ

より充実した眠りに入るためには、寝る1時間前の入浴がおすすめです。ドラッグストアで販売している入浴剤を使用することで、入浴で得られる癒しの効果をより高めることができるでしょう。湯船にリラックス効果のある香りの入浴剤を入れ、ぬるめの温度設定で10~20分程度湯に浸かることを心掛けましょう。また、ドラッグストアには、ボディクリームやマッサージオイルなどリラックス系アロマ配合の商品が多数そろっています。入浴後や睡眠前などに使用することで、心と体を落ち着かせる時間を設けることで、より快適な睡眠へと促されます。

睡眠導入剤

睡眠導入剤

睡眠導入剤としては、抗ヒスタミン剤の一種である「ジフェンヒドラミン塩酸塩」を配合した「ドリエル(エスエス製薬)」や、「アミノ酸・GABA」の作用が働き、不眠症状だけではなくイライラなどの興奮抑制に効果が期待できる「グッスミン(ライオン株式会社)」などが代表的です。服用したから短時間で効果が表れる睡眠導入剤ほど薬による効果が強いので、使用には充分な注意が必要です。睡眠導入剤を服用した場合は外出を避け、速やかに睡眠を目指すことが重要です。