施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のドラッグストア(薬局・薬店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトドラッグストア(薬局・薬店)リサーチ

薬局情報

ドラッグストア活用術[パーソナルケア編]
「生理用品」



以前までは、女性の生理用品に関する宣伝や広告は避けられる傾向にありましたが、近年ではタレントを起用したCMが大々的に打ち出され、生理用品のイメージが変化しています。ここでは、生理痛の原因や、ドラッグストアで購入できる生理用品の種類や流行についてご紹介します。

生理用品の種類について

生理用品の種類について

女性の「生理のときでも快適に過ごしたい」という気持ちや、「生理用品をオシャレに携帯したい」という願いを叶えた商品が充実しています。また、ドラッグストアやコンビニエンスストアでは、生理用品を購入した場合に、中身の見えにくい紙袋に包装するなど、プライバシーの配慮もしています。生理用品は、経血の量やライフスタイル、好みに合わせて快適に過ごせるものを選びましょう。

紙ナプキン

紙ナプキン

一番流通しているタイプの生理用品です。吸水性と防水性に優れており、使い捨てなので、汚れたらすぐに取り換えることができて便利です。最近では、カバンに入れていても邪魔にならず、付けていてもゴワつかないスリムタイプが主流です。軽い日用、普通の日用、多い日用、多い日の昼用、夜用など、経血の量や月経の進み具合によってタイプが分かれています。デメリットは、肌に直接触れるので、肌の弱い人はかゆみやかぶれを起こすことがあります。

タンポン

タンポン

生理用品としては最も歴史が古い、経血を吸収する筒を膣に挿入するタイプの商品です。最初は恐怖心を感じる人やなかなか慣れない方もいらっしゃいますが、使用方法を守って正しく装着すれば快適に過ごすことができます。また、旅行や入水時にも使用することができるという利点があります。

布ナプキン

布ナプキン

紙ナプキンと同じように使用しますが、洗って何度も使えるというエコ感覚や、肌に触れてもかぶれない、生理痛の軽減など布ならではのメリットを生かしています。昭和時代に一時主流になったこともありましたが、洗浄や衛生面への懸念から姿を消していました。最近のものは性能も良くなり、可愛いデザインの商品が多いため、ナチュラル志向の女性を中心に人気を集めています。

カップタイプ

カップタイプ

(c)Diva International Inc.の「ディーバカップ」、Mooncup UKの「ムーンカップ」などの商品が代表的ですが、日本ではまだまだ浸透していません。天然ゴムでできたグラス型の月経カップを膣内に挿入して、経血をためるしくみになっています。タンポン同様、慣れるまでには時間がかかることもありますが、タンポンやナプキンと比べて長時間使用が可能で、洗って繰り返し使えるのがメリットです。

女性の生理周期について

女性の生理周期について

女性は、初潮を迎えてから数十年にわたり月単位の月経周期を繰り返します。生理が訪れると生理痛やホルモンバランスの乱れなどで、多くの身体的・精神的ストレスを抱える女性が多くいます。つらい場合は無理をせず、鎮痛剤を使用して安静に過ごすことも大切です。

生理痛の原因

生理痛の原因

生理中は、経血を外に押し出す作用のあるプロスタグランジンという物質が増え、子宮の収縮が活発になります。そのため下腹部がキリキリと痛くなったり、腹痛を引き起こしてしまうのです。