ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ドラッグストア[薬局・薬店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

薬局情報

ドラッグストア活用術[レジャーの前に編]
「屋内スポーツ」



ここでは、屋内スポーツを行なうときの注意点や、観戦時に持って行くと便利なものをご紹介します。

ドラッグストアで購入できる屋内スポーツ関連グッズ

ドラッグストアで購入できる屋内スポーツ関連グッズ

屋内スポーツを行なう場合には、選手はもちろん観覧者の熱中症防止にも十分気を配る必要があります。出かける前にドラッグストアに立ち寄り、水分補給用のミネラルウォーターやスポーツドリンクの他、塩分不足による急な体調変化にも考慮しましょう。塩成分の入った飴など、手軽に塩分を摂取できる商品を持っておく安心です。体育館などで観覧席が階段になっている場合は転倒による事故を予測し、特に高齢者や子どもからは目を離さず、万が一のときに備えて湿布や絆創膏も購入しておくと役に立ちます。選手の熱中症対策には、しっかりと汗を拭いて熱をこもらせないことが大切で、清涼感や香りつきの汗ふき用のシートなどが多数そろっています。

屋内スポーツを行なう際の注意点など

屋内スポーツを行なう際の注意点など

屋内スポーツは「インドアスポーツ」とも呼ばれ、天候に左右されないところが最大のメリットです。主にバスケットボール、バレーボール、バトミントン、柔道、剣道、卓球の他、ボクシングやレスリング、フェンシングも含まれます。最近では、テニスや野球が屋内で行なわれることもあり、定義が曖昧なスポーツもあります。

屋内スポーツも熱中症対策が必要

屋内スポーツも熱中症対策が必要

熱中症と聞くと炎天下での症状だと思われがちですが、25度以上の環境下なら室内でも十分に起こり得るのです。例えば、1991年(平成13年)からの2010年(平成22年)までの学校管理下における熱中症死亡件数は、1位が柔道、2位が剣道となっています。これは、閉め切った体育館の通気性の悪さに加えて、厚着による熱放出がうまくいかなかったことで高温多湿状態になったことが原因と考えられています。また、熱中症の発生場所の1位は家(庭)となっており、特に高齢者では、エアコンは身体に悪いからと使わない人が多いため、熱中症で緊急搬送されるケースが見られます。室内だからといって安心せず、自分で体調管理ができない小さい子どもや高齢者には周りが気をかけることが大切です。

屋内スポーツ観戦時の注意点

屋内スポーツ観戦時の注意点

屋内スポーツは天気の悪い日でもスケジュールを変更することがなく、直射日光の心配もないため、小さい子どもを連れての観戦もしやすいといえます。しかし、体育館で行なわれるスポーツは熱中症のリスクも十分考慮して、こまめな水分補給を心がけましょう。

人気のスポーツバーとは?

人気のスポーツバーとは?

プロ野球やサッカーなどの試合を店内のスクリーンやプロジェクターなどで見ながら飲食ができる店舗をスポーツバーと呼びます。年中オープンしているところから、国際試合が行なわれるときに臨時で開催する店もあるようです。ワールドカップの時期には多くのファンやサポーターで賑わい、予約が無いと入ることのできないスポーツバーも存在します。冷暖房の効いた快適な空間にいながら、まるでスタジアムにいるかのような臨場感を味わえるのがスポーツバーの魅力ですが、いくら盛り上がっているからといって、お酒の飲み過ぎや相手チームのファンとのトラブルを起こさないようにマナーを守って利用しましょう。