ご希望のドラッグストア[薬局・薬店]情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ドラッグストア[薬局・薬店]

文字サイズ

薬に関する(わ行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、薬に関する難しい言葉の意味を知りたいときはぜひご活用下さい。

薬用語集

薬用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

わ行

  • ワーファリン
    わーふぁりん

    「抗血栓薬」と呼ばれ、血管内で血液が固まるのを防ぐ役割を持つ。血液が固まると血液やリンパの流れをふさいでしまい、血管が詰まると様々な組織の障害につながり、静脈血栓症、肺塞栓症の他、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすケースも。ワーファリンは長い間これらの予防薬と利用されている医療用医薬品。効果が現われるまで1〜2日要するので、急性疾患の場合は皮下注射など別の治療を行なったあと維持療法として用いられるのが一般的。内臓腫瘍や手術後外傷が残っているケース、月経期間中は服用に注意が必要。ワーファリンは、他の薬との併用により効果の増減がきわめて多く出る薬なので、服用中別の病院で処方を受ける場合は必ず申告をする。納豆やクロレラ、青汁といったビタミンKが多い食品を摂取すると効果が弱まるのも特徴。

  • ワクチン
    わくちん

    細菌などが人間の体内に侵入し、増殖することによって起こる病気を「感染症」と言い、ワクチンは感染症の原因となる細菌やウイルスの病原性を弱めたり、毒素を無毒化したりするもの。ワクチンを接種すると、細菌やウイルスに対する抗体が体の中で作られ、原性をもつ細菌やウイルスが体内に侵入してくると、集中的にそれらを排除する働きを促し、感染予防、発症予防、重症化予防につながる。つまり、ワクチンを接種することで免疫力を高めることができる。接種方法は、皮下注射、筋肉内注射が一般的だが、経口ワクチンやスタンプ式などもある。感染症予防のためにワクチンを接種することを「予防接種」と呼び、インフルエンザや風疹などの予防の他、生まれたばかりの乳児の感染症予防、女性の子宮頸がん予防にも利用されている。

ページ
トップへ
PAGE TOP